置換について


置換イメージ

 

置換モードチェックを入れることで置換モードに変わります。

置換はパターンにマッチした文字列を、任意の文字列に置き換える操作です。

※本ツールの置換ワード入力において、改行は\n(改行コード)でできません。

※改行した文字列で置換したい場合は、直接改行した文字列を打って下さい。(複数行対応)

後述する置換コードを用いることによって、より自由で多彩な文字列操作を行うことができます。

 

置換コード

置換する文字列の中に頭に$のついた特殊なコードを入れることによって

パターンにマッチした文字列の一部を、置換する文字列の一部(または全部)に再利用することができます。

 

$& :マッチしたテキスト(全て)

<例> 

「対象」:大事なことなので言いました! 「検索」:大事なことなので 

「置換」:$&2回言いました!$&2回

「結果」:大事なことなので2回言いました!大事なことなので2回言いました!

$& = 大事なことなので

 

$` :マッチした位置の前方テキスト

「対象」:大事なことなので言いました! 「検索」:言いました! 

「置換」:2回言いました!$`2回言いました!

「結果」:大事なことなので2回言いました!大事なことなので2回言いました!

$` = 大事なことなので

 

$' :マッチした位置の後方のテキスト

「対象」:大事なことなので言いました! 「検索」:大事なことなので 

「置換」:大事なことなので2回$'大事なことなので2回

「結果」:大事なことなので2回言いました!大事なことなので2回言いました!

$' = 言いました!

 

$n :グループマッチのn番目。2桁もいけます(最高99番?未確認)

「対象」:大事なことなので言いました! 「検索」:(大事なこと)なので(言い)ました!

「置換」:$1なので2回$2ました!$1なので2回$2ました!

「結果」:大事なことなので2回言いました!大事なことなので2回言いました!

$1 = 大事なこと

$2 = 言い

 

※$$ $を指定する場合は、$でエスケープします。

面白い例文が思いつかなかった・・・